高血圧と糖尿病を併発したらどう対処すればいい?

糖尿病の患者の方の、40-60%の割合で高血圧を合併していると推測されています。
この発症率は健常者の、実に約2倍の数に上ると言われているのです。
相対的に若い年齢から血圧上昇が見られることが多く、罹病期間が長いことから年齢層も高くなる傾向があるため、糖尿病と高血圧は合併する割合が高くなると考えられています。
ただし、このような一般的な要因意外にも、これらの病気特有の発症メカニズムが関与していることに、注意を向ける必要があるのです。

血糖値が高い状態では、細胞の浸透圧が上昇するようになります。
そのおかげで細胞内の水分が流出しやすくなったり、腎臓が余計な水分を吸収する機能が高まる等の影響で、体液や水分量が増加します。
水分量が多くなれば同じ血圧で全身に、水分や栄養分を運ぶことが難しくなるので、血圧上昇が恒常化し高血圧になるわけです。

また糖尿病患者では、インスリン抵抗性体質を持っている方が多くなります。
これはインスリンの効き目が現れにくい状態を意味しています。
この体質自体が糖尿病の原因の一つにもなっているのですが、同時に効きの悪くなったインスリンを補うために、さらに膵臓から大量に分泌され、高インスリン血症を招きます。
この状態になると自律神経の交感神経が活性化し、さらなる血圧上昇も招き、動脈硬化も進行させることにつながります。
全身の血管にダメージを与える動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な合併症のリスクを増大させるので、高血圧と糖尿病の合併が見られると、病院の医師から血圧コントロールを行う旨の指示が出されることになります。

高血圧をコントロールし、動脈硬化などの合併症への進展を防ぐ上では、高血圧を降圧させるために日常生活から見直す必要があります。
食事メニューでは減塩を心がけるのは不可欠です。
また睡眠不足は交感神経の活動を活発にして、血管を収縮させ血圧上昇を招くので、7時間程度の良質な睡眠を心がける必要があるのです。

高血圧と糖尿病には血圧の管理が大事

高血圧の状態が続くと動脈硬化を起こして脳出血や脳梗塞、心筋梗塞、その他の心血管系の合併症を引き起こします。
高血圧に糖尿病や高コレステロール、喫煙、左室肥大などがあればさらに心臓血管系の病気を起こす可能性が高くなります。
そのため、これらの危険因子をいくつも持っている場合には早くから降圧薬による治療が必要になります。

高血圧と糖尿病を合併している場合にはどちらの治療も大切で、病状によって治療も変わってくるので医師の指示を守ることが大切です。
また、総合病院などで高血圧と糖尿病を別々の医師に診てもらっている場合には、それぞれの病状や治療をきちんと伝えてお互いにどちらの状態も理解できているようにすることが大切です。

糖尿病がある場合は、合併症を予防するため糖尿病でない場合よりも血圧コントロールをしっかりする必要があります。
血圧コントロールのためにはまず、家庭で血圧を測って普段の血圧の状態を知ることです。

そして高血圧を改善するためには減塩、肥満の改善、アルコールをひかえる、カリウムを十分に摂る、禁煙、低脂肪食をこころがけるなどの生活習慣の改善が必要です。
ストレスや睡眠不足でも血圧は高くなるのでこれらも避けるようにしましょう。
家庭での血圧測定は、これらの生活習慣の見直しでどれくらい効果があったかや、降圧薬が必要か、また降圧薬の効果の判断にも役立ちます。

糖尿病でも食事療法は大切で、糖分や摂取カロリーが多くなり過ぎないようにすること、バランスのよい食事を摂ることなどが基本となります。
糖分や塩分、脂肪を摂り過ぎない、アルコールを控える、バランスのよい食事、規則正しい生活をする、禁煙、ストレスを避ける、睡眠不足を避けることなどは肥満の解消も含めて高血圧と糖尿病のどちらにも効果があるといえます。

関連記事