アダラートの効果作用と副作用

一般的にニフェジピンと呼ばれる高血圧治療薬のアダラートは、心臓の血管だけでなく脳や腎臓、手足や目の網膜など体内の血管を広げ、血流をよくする働きがあります。
高血圧のほか狭心症の治療にも使われており、適切な血圧を保つことで脳卒中・心臓病・腎臓病の予防につながります。

血管の収縮は、血管壁の細胞にカルシウムが流入することによりおこります。
この流入を阻害する働きをするのがアダラートで、血管を拡張させ高血圧を治療します。

服用方法について、高血圧症と本能性高血圧症や腎性高血圧症などでは、服用する用量が異なるため症状に適した用法を守ることが大切です。
開始時は、通常の半量から服用し、必要に応じて漸次増量していきますが、予後改善効果によっては減量します。
アダラートの服用については、医師の指示を守ることが必要です。

速効性のあるアダラートカプセルは、飲んですぐに効果を示す軟カプセルですが、急激に血管を拡張させるため顔のほてりや潮紅、頭痛を起こすことがあります。
とくに狭心症に使われるこの薬は、年齢や体重そして症状に応じて服用量が決められます。
この副作用を軽減するためにアダラートL錠が開発され、薬の有効成分をゆっくり放出させながら血中濃度を徐々に上昇させ、効果を持続させることに成功しました。
効き目が長いため、服用回数も少なくてすむようになりました。
さらに降圧効果をおだやかにし、24時間効果を持続させるアダラートCR錠が開発され、1日1回の服用で副作用をそれ以上に軽減させることができたのです。

カルシウム拮抗薬は血糖や尿酸に影響することなく安全性が高いため、年齢を問わず広く用いられ高齢や合併症の多い人に活用されています。
飲み合わせや食べ合わせに注意することも必要で、グレープフルーツジュースは禁止、アルコールは控えるなど、副作用の心配があるものは摂らないようにすることです。
また、それぞれの薬によって服用のタイミングや容量が異なるため、医師の指示に従って服用することが大切です。

アダラートの主な副作用は?

高血圧治療薬アダラートCR錠は、ニフェジピンが有効成分のカルシウム拮抗薬です。
服用することで心臓や身体の血管が広がり血流が良くなるため血圧を下げることができるのです。
心臓の収縮を抑えて心臓を休まれる働きも持っています。

アダラートは効果が高く安全性の高い薬のため、高血圧治療の第1選択薬とされていますが副作用がないわけでもありません。
特に多いのは顔の火照りや動悸・頭痛・めまいなどです。
血管が広がることで症状が起こるのです。
徐々に慣れてくるはずですが、ひどい場合には医師に相談するようにしてください。

長く服用することで足の甲のむくみや歯肉の腫れを起こすこともあります。
胸の痛みを感じる場合は早めに病院に行くべきです。
重い症状を起こすことはめったにありません。
ただ、急激な血圧低下により一過性の意識障害を起こすこともありますし、血液障害・肝障害といった症状の報告例もあります。
ふらつきや立ちくらみ・吐き気や水ぶくれ・かゆみ・のどの痛み・口内炎・発熱・食欲不振など、どれも重度の副作用の初期症状かもしれないので注意しましょう。

5mg・10mgのカプセルや10mg・20mg・40mgの錠剤があります。
病気の程度や症状・年齢に応じて処方された用法容量を守ってください。
多めの水で服用します。

血糖や乳酸・脂質などに影響しないため年齢を問わず広く用いることができ、合併症の多い高齢者のための薬としても用いられています。
ただし、高齢者は副作用が出やすいため少量から開始することになります。
また、持病やアレルギー・妊娠の有無によっては服用が禁止される場合もあります。
医師の診察の際、日頃から常用している薬や既往歴があればきちんと伝えておくようにしましょう。

関連記事